読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

分散型女子大生の就活とマイニチ。

就活、バイト、学校、インターン、友達。女子大生ってヒマじゃない。

全部まとめて、ぽいっ。

 

ってしたくなる日がある。(タイトルの話。

 

 

まぁ大体の原因はインターン先でコテンパンにされて悔しくて、とか

 

ギリギリを責めすぎて結果何かやらかして、とか

 

 

自分の不甲斐なさにあったりするんだけど。

 

 

今日だって12時締め切りのESとWEBテストを昨日の夜から始めたわけで。

 

しかも夜って言っても、深夜の2時。

正確には今日の朝。

 

それからとりあえず書いて書いて書いて。

 

4時半に就寝。

 

1限に(出席足りなくて)出ないわけには行かないから、7時半に起床。

 

9時過ぎに着いた学校でまた書いて書いて。

 

10時半からようやくWEBテストを解いて、締め切り30分前に終了。

 

ギリギリを攻めすぎた。

 

 

別にそれだけだったら、まだぽいってしたくはならない。

 

その後、3限を犠牲にして

 

研究所のプロフィール集を編集。

 

16時から向かったバイト先で、19時半からのインターンでの打ち合わせに向けて、資料準備。

 

本当はそんな暇もないはずのバイトが今日はたまたまヒマでそこだけ運が良かったと思う。笑

 

 

でも、そんな付け焼き刃の資料作成なんて終わるはずもなく。

 

ぽいってしたくなる原因はそのあとにある。

 

19時半に向かったインターン先。

 

恒例の餃子を先に食せば始まった打ち合わせ。

 

まず、自分の出来なささが辛かった。

 

「注目しているポイントは良いんだけど、あとちょっとジャンプが足りないんだよなぁ。」

 

「あともう一歩なの。怖がってて、結局普通のところに落ち着いちゃってる。」

 

…表現はやっぱり苦手だ。

 

 

そしてもうひとつは、先輩、の存在。

 

先輩、と言っても、それは大学内での話。

 

1つ上で、私が行きたかったけど断念したゼミに入っている先輩。

 

インターン先では今日がほぼ初めての後輩。

 

 

この人が、出来る人だった。

 

 

「いい!めっちゃいいよ」

 

それはもうべた褒めで。

 

現実ってこんなもんだよなぁ、なんて冷めた見方をしつつ。

 

今日ESを出した企業の子会社のひとつが、いまのインターン先であったりするわけで。

 

やっぱりわたしこの業界向いてないのかなぁ、なんて不安がドクドクと渦巻いたりする。

 

 

とりあえず選考に応募し始めたばかりのこの時期は、だいぶ心がナイーブだ。

 

 

全部まとめて、ぽいっ。

 

出来たらどんなに幸せだろうか。