読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

分散型女子大生の就活とマイニチ。

就活、バイト、学校、インターン、友達。女子大生ってヒマじゃない。

10年分の年月の差。

 

 

10個下の妹の家庭教師を始めた。

 

課題は週例テストの理科の点数を上げること。

条件は週例テストがある土曜日朝9時半からの2時間、時給1200円。

 

というわけで、さっそく正式な家庭教師1回目をやってきた。

 

今週の内容は?「動物の呼吸と体」?

おーけー、よし、始めよっか。

(とりあえず1時間は授業の復習でしょ、その後問題集かな。うん、いける。

 

えーと何々、呼吸と心臓、血液の循環と排出器官…。なるほど。

(1項目あたり15分かぁ。結構ギリギリかも。でもどーにかなるでしょ。

 

 

・・・

 

じゃあ!つぎは血液のつくり!はい!4つだよ何でしょうか!!

(やっぱり10歳相手疲れるわ。ここまで30分の予定だったのに10分オーバーじゃん!イライラ。

 

いい?これが最後だからね?はい、汗を作ってるのはどこでしょう!

(やっと復習終わる…。10分オーバーなんだけど…。しかもこいつあくびし始めたし。絶対集中力切れてるじゃん。はぁぁぁ。

 

よし!!終わった!!!

…え?あぁ、後ろの確認問題?そうだね、じゃぁそれ解こっか。

(すでにオーバーだけどしょうがない。解かせてから予行やっても間に合うはず。

 

いやいやいや、何で直接テキストに書くの?ちゃんとノートつくりなよ。

解答用紙がある?うん、じゃあそれに書きな。

(取り出してきた紙を見て) …!!!!!

(待ってこれ教科書復習問題ついてるじゃん!いや基礎力確認のために大事なやつ!!何故これを先に取り出さないのこいつ!!

 

 

てなわけで、何が言いたいって、

2時間中1時間経ってから計画が全部崩れたって話。

 

しかもこの後も結局理解してるんだかしてないんだかよくわかんなかった妹さん。

 

これから毎週これが続くと思うと頭痛いですね…。